タイピングコース

NOAZOCSでは、「タイピングコース」を開講しています!
「大学入試センター試験」に代わり、「大学入試共通テスト」が始まっていますが、2024年以降、このテストの記述問題は、パソコンを利用して解答する仕組みを目指しています。タイピングスキルは、これからを生き抜くための必須スキルです!
手元を見ずに早く、正確に入力できるようになることを目指し、ブラインドを置いて各指の正しい動きを訓練します。
ミッションをクリアしてスタンプを集め、楽しみながら個々のペースに合わせ学習できます。ノアゾックスの生徒限定の、楽しく身につくタイピングコースです!

NOAZOCS コース紹介(タイピング)

タイピングコース

教育改革がどんどん進む中で、パソコンが使えることを前提としたさまざまな制度が計画されています。
それを受けて、NOAZOCSでもタイピングコースを開講しています。
小学生のうちに、タイピングスキルを身に付けて、将来に一歩リードしましょう!

習熟度に合わせて、個別に段階的に指導

アルファベット大文字が読める生徒が対象です。手元を見ずに速く、正確に入力できるようになることを目指します。個々のペースに合わせて学習できます。お試しコースは60分×10回にコースですが、10回終了後、1回から追加受講ができます。

大学入試も記述問題でPCで?

2020年度より、センター試験に代わって実施される新テスト「大学入学共通テスト」で、記述問題が導入されますが、2024年度入試から、パソコンを利用して解答する仕組みを導入することを目指しています。

高校のテストもPCで?

高大接続改革が進む中、高校での学習到達度を把握するために実施されている「高校生のための学びの基礎診断」において、記述問題の回答も含め、パソコンを利用した診断ツールの導入が検討されています。

プログラミングが入試に?

高校では2022年度よりプログラミングを学習する「情報Ⅰ」が必須科目となります。それに続いて、大学入試でも導入が検討されています。中学入試でも、すでにプログラミング入試を行っているところもあります。

□お試しコース
 回数
 費用
60分×10回
9,000円
□標準コース
 回数
 費用
60分×20回
17,000円

 *受講時間は30分前までの事前予約制です。
  (予約方法は別途ご案内いたします)
 *1回から追加受講できます。(60分×1回あたり800円)
 *費用は全て税別表示です。

タイトルとURLをコピーしました